これでわかる!?リバブレーションチャンバーとは

リバブレーションチャンバーとは何ぞや?

リバブレーションチャンバーとは、日本名だと反射反響室と呼ばれます。ノイズを抑える事を目的に長い反響時間を持つように設計されている電磁波環境試験室です。高いレベルでの電磁界を発生させる事で、最小限のノイズ発生の中で研究や動作確認をすることが可能になり、再現性がとても高いです。通常機械式の撹拌機、調律機を備えた電磁波遮蔽室でもあり、研究に役に立つ空間として存在しております。これらの機能を装備しているのでリバブレーションチャンバーの活躍の場はどんどん広がっています。

どういった利用方法があるの?

高次元での電磁界を発生させる事ができるのが、リバブレーションチャンバーです。これは、高い再現性が必要である研究や動作確認を行うために、最適な空間を作る必要があり、その空間を作り出すことができるのがリバブレーションチャンバーなのです。再現性の高いため音の影響やノイズを低減させる事での効果の発揮の仕方を判明させる事ができます。それらの、効率をより高める為に、何が必要なのかを更に確認できます。そういった利用をすることで、制度を上げた作業出来ています。

メリットやデメリットは無いの?

リバブレーションチャンバーのメリットについては、アンテナ受信のノイズ測定が可能になる事です。アンテナの給電点に、RFアンプを介して同軸ケーブルを接続する事で、スペクトラムアナライザに接続する事が可能となります。それにより、アンテナが受信しているノイズを明らかに出来るので、ノイズの伝搬メカニズムを知る事が可能になるのです。この伝搬メカニズムに対しての対策を立てる事が、リバブレーションチャンバーの利用により可能になるのです。デメリットは、導入までのコストがとても高いといった点でしょう。

リバブレーションチャンバーとは、反響室、反響箱ともいいます。無線、アンテナなどの受信感度の測定に使われる装置です。

標準